JanFebMarAprMayJunJulAugSepOctNovDec
14

『縄文語の発見』 青土社 

こんばんは
ようこそおいでくださいました

『縄文語の発見』
小泉保 青土社 1997年

ウィキペディアにこのご本の記事あるくらいだから
画期的で、有名なご本なのでしょう

日本のあけぼの=稲作開始=弥生時代
このような構図に疑問を投げかけます

弥生時代と縄文時代に
大きな断絶はない、としたうえで、
縄文時代に話されていた言葉こそが
日本語の源流である、とする立場

方法としては、日本語の諸方言および
琉球語を比較して、原形を再構成してゆきます

といっても本題に入るのは
3分の1ほどすぎたところからです
それまでは考古学や頭蓋骨の話をします

それから、これまでの日本語系統論をまとめ、
批判してます
主な批判店は、「一つの子音あるいは母音に対して、
複数の対応がある」ということです
これには「理由がなくてはならない」そうです

次に、「とんぼ」の北海道以外全国の方言を比較して
縄文語の原形を推定します
適当にくっつけているだけでは・・?と
疑ってしまったのは内緒です

アクセント、高低、子音の濁音化、
四つ仮名などいろいろと考察されています
非常に煩瑣になりますので、実際に
お読みいただければと存じます

(↑わ、わかってないじゃないんだからねっ)

結論は260ページの図です
東北方言は裏日本縄文語の
関東方言は東北方言と山陽・東海方言の
山陽・東海方言は表日本縄文語の
関西方言は弥生語の
九州方言は九州縄文語の
琉球語は琉球縄文語の
子孫だそうです

後続研究があるのかどうか、
気になるところです

日本の源流は、弥生時代ではなくその前、
私が連想したのは
照葉樹林文化論です
照葉樹林文化論を言語学に
あてはめたわけはないでしょうが

日本語に興味津々の過去記事
『日本語の起源』
『日本語の正体』


BGM:「神々の詩」(姫神)

語学に挫折した結果w
にほんブログ村 OL日記ブログ 地味なOLへ
にほんブログ村

ぼっちなりにルーツは気になる
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりぼっち日記へ
にほんブログ村

永遠の謎
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
にほんブログ村

日本語に依って暮らしています
ついったー
スポンサーサイト
新書以外を読む CM(0) TB(-)
JanFebMarAprMayJunJulAugSepOctNovDec
11

『輪廻する宇宙 ダークエネルギーに満ちた宇宙の将来』 ブルーバックス1937 

こんばんは
ようこそおいでくださいました

『輪廻する宇宙 ダークエネルギーに満ちた宇宙の将来』
横山順一 ブルーバックス1937 2015年

相対性理論も量子力学も
さっぱり理解できないくせに
宇宙論大好きの、
理系崩れの私が通りますよ…

前半は宇宙論の概説です
恒星の一生や、それにまつわる元素の話
古代エジプト人や古代インド人の宇宙観
地球平面説から地球球体説へ、天動説から地動説へ
そして、不変の宇宙から膨張宇宙へ

とりわけ、古代中国人の宇宙観には驚かされます(63ページ)
「往古来今これ宙という
四方上下これ宇という」
宙は時間で宇は空間
ほかのところがよくわかんなくても(あほ←2回め)
この一文だけでこのご本を読んだ意味が
あったようにおもいます

宇宙の加速膨張がわかったのは結構最近の話
ヒッグス場だのスカラー場だの
ポテンシャル密度だの、
カシミール効果だの、真空のエネルギーだの
文字通り浅学菲才の身としましては
ここではまとめられない内容でございました
どうぞ読んでごらんなさいまし

真空がエネルギーをもつってどういう意味なの???

ビッグリップについて知りたくて
手にしたご本でしたが、
ビッグリップを引き起こす
ダークエネルギーについてわかっていることが
大変少なく、その少ない内容も
私の理解を結構超えていて、
消化不良と欲求不満を同時に感じます
(↑どう考えても自己責任)

ビッグリップが宇宙の終わり、と
決まったわけではありませんが、
ビッグリップ後の宇宙がどうなるか?
それがこのご本の白眉です
もしもそうならまだ希望がもてます

途方もない巨大なぼわんぼわんが
宇宙の終焉なんて耐えられない
いや、ぼわんぼわんでも存在し続けるならば、
それは終焉でもない気がしますけれども



こすもすちっくなジャケットにもご注目ください

「〽夜空仰げば宇宙が見える」
この歌の続きを知っている方
どなたかいらっしゃらないでしょうか


理系崩れの結果
にほんブログ村 OL日記ブログ 地味なOLへ
にほんブログ村

おたくですがなにか
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりぼっち日記へ
にほんブログ村

概説書も理解不能
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
にほんブログ村

こんなんかきましたけど
ついったー
新書・選書を読む CM(0) TB(-)
JanFebMarAprMayJunJulAugSepOctNovDec
07

『なぜ皮膚はかゆくなるのか』 PHP新書953 

ぽりぽりぽり…
あら、こんばんは

『なぜ皮膚はかゆくなるのか』
菊池新 PHP新書953 2014年

長年の謎が解けた、個人的には
メガヒットのご本です

かゆみがおこるしくみと伝わり方を
最新の研究を交えてわかりやすく
解説してくれます

「かゆみは弱い痛みである」という説は
現在は否定されているようです

ただし、より緊急性の強い感覚である
痛みがかゆみを抑える、
鈍い痛みはかゆみと同じ神経を通る、
痛みを起こす物質がかゆみにも関係する、など
関連性はなきにしもあらずです

「かけばかくほどかゆみが増す」
「かくとその周りもかゆくなる」
「やたらかゆみに過敏だ」
私の異常感覚かとおもっていたこの辺にも
かゆいところに手が届く、メカニズムの解説が
しっかりございました


寒がりで冷え性で甘えん坊(これは嘘)の私にとって
重要なもう一つのかゆみ「しもやけ」についても
2ページ割いてあってありがたいことでした
しもやけがあなどりがたい「組織の破壊」に
他ならないことはいくつか
おもいあたることがありますが、
やはり組織の破壊なのです
くわばらくわばら

しもやけをおおいに語る過去記事


かかないようにすることと
原因をよく調べて、それを取り除くこと、という
よく考えれば当たり前だけれど
結構難しいことが書かれています

どうしてもかゆいときは
「冷やす」のが先決で、
叩いたり温めたりするのは禁じ手であることだけ
ここでは明かしておきましょう
え、当たり前?

アトピー、金属アレルギー、かぶれ
水虫、ヘルペス、
黄疸や糖尿病から生じる中枢性のかゆみ
ただのかきつぶし…

201~202ページのしめくくりには感動しました
「どんどん卒業してもらう」
そしてまた新患をみる
こんなお医者さんにかかりたいものです


ぽりぽりぽり
にほんブログ村 OL日記ブログ 地味なOLへ
にほんブログ村

かいかいかい
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりぼっち日記へ
にほんブログ村

ぐしぐしぐし
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
にほんブログ村

やめれ
ついったー
新書・選書を読む CM(0) TB(-)
JanFebMarAprMayJunJulAugSepOctNovDec
06

仲秋駄話 ‐アレルギーと少女‐ 

こんばんは
とよでございます

仕事はいうにおよばず、
休みでも楽しめない今日この頃です

「夜話」とタイトルをつけかったけれども、
出てくるのはぐだぐだばかり…

1.アレルギーの女
湿度は40%まで下がり、
からりと気持ちいい夜ですが

そうなると私は目がむずむずちくちく
鼻もむずむずぐすぐす、
肌も特定のどこということはなく
むずむずちくちく・・・

(乾燥+低温)(かゆがり+アトピー体質)=???

過ごしやすい季節が逆にあわない
からりとした空気があわない
似合いすぎワロタww


2.アレグラ様様
というのは昨日までの話で、
常備薬のアレグラを飲んだので
今日は比較的すっきりです

アレグラでまずはおさまる程度の
アレルギーですから
まあ、たいしたことはないでしょう


3.外耳湿疹の明けない夜
↑どう考えても自己責任

湿疹の話ですから、
ご不要なかたはお戻りください
ふりかえらずに、さあ早く

唯一の慢性湿疹となっている耳の話
何度か話題にしている、耳ひっかき問題

いつだかの固い決意にもかかわらず、
一進一退、を繰り返しております

治りかけをべりべりとかき壊して
落ち込んだことも幾度となくありました

どうも治りかけがむしろ聞こえにくかったり
つまった感じがして違和感が強いのです
そしてかゆい

(なお、治りかけと表現しているのはたぶん
かさぶた状態なので、
本当は全く治りかけではありません)

爪かんだりするようなものですから
耳ひっかく位で気が済むなら
好きなだけひっかけばいいや、と
悟りの境地に達したことも
幾度となくありました(なんだそれは)

ちょっとアレグラ飲むことにして
治すなら今かな、と
おばさんがベビー用品売り場をうろうろして
ベビー綿棒をば買ってきて
デキサン塗布中

でも、今度こそ治そう、なんて考えるのは
もうやめています

期待すると、がっかりするだけだから…
なにごともそうです


4.ジャンスカの季節
突然、お洋服の話
秋はジャンスカに最高の季節です

上が重ね着の形になるため
夏は暑く
ワンピース型のため
下から風が入って冬は寒い

アラフォーが着るかそれ?という
メルヘンな形のお洋服ですが、私は気にしません
色は地味ですよ
服装自由の会社でよかった


5.おスカート礼讃
そんなことで、今年は、
(部屋着とパジャマは含まず)
スカート率100%を誇ります

おスカートはすべからくよい
おジャンスカ、おワンピースもよい

ちなみに、以下個人的な美意識ですが
すかーちょ、がうちょぱんつ類は不可
なんなんですかあれ

短いずぼんは絶対不可
あれは男の子供が履くもので、
大人の女の履くものではない
(後に書くこととかなり矛盾します)

長ずぼんはTPOにより可…となっております


6.過渡的な結論
(うちから出ざるを得ない日は)
着やせのために黒タイツを履いて、
毎日スカートを翻して歩きながら、
それでも違和感は消えないのです

「これは女装じゃないか?」と
常々おもっております

あるいは
「一生少女でいたい」
多分これかなと

眠くなってきたので掘り下げませんが
少女時代に少女を満喫できなかったことだけ
述べておきましょう

いい年して恐縮ですが
「成熟への拒否」でもあるかもしれません
誰かの妻や母親にはならない、という決意です
(すっぱいぶどうともいう)


ぬいぐるみやかわいいキャラクターは
昔から好きで、それを隠す必要もなかったけれど、
好きなことを隠してきたもの
ピアノや、色鉛筆、おりぼん、ひらひらなもの
小花柄(大花柄は不可)、ピンクや紫色、
アリスもびっくりの地味なジャンスカやワンピースや
10年前に流行って今も履いてるの私だけなバルーンスカート
そんなものをめでながら
子供部屋みたいな部屋でまだしばらく
暮らしてゆきたいとおもいます


だいたい似たようなことを書き続けているという話
すきなものいろいろ
一人暮らしのお部屋

外耳湿疹の初出
霜月随想

世をしのぶ仮の姿
にほんブログ村 OL日記ブログ 地味なOLへ
にほんブログ村

永遠の娘として生きる
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりぼっち日記へ
にほんブログ村

こんなんかきましたけど
ついったー
つれづれなるままに CM(0) TB(-)
JanFebMarAprMayJunJulAugSepOctNovDec
01

『「東京Deep案内」が選ぶ首都圏住みたくない街』 駒草出版 

こんばんは
ようこそおいでくださいました

『「東京Deep案内」が選ぶ首都圏住みたくない街』
逢坂まさよし+Deep案内編集部 駒草出版 2017年

もともとDeep案内なるウェブサイトを
再編集・書籍化したものです

反社会勢力、性産業、貧しさ、
様々な歴史、
開発から取り残された地域
街の裏側、暗部に迫り…

…それをくそみそに茶化すのがデフォルト


「住みたい街ランキング」は
不動産会社が「住ませたい街ランキング」でもあり、
実際住んだら果たしてどうなの??ということで
「住みたくない街」
人気のあの街、この街を遠慮会釈なく
こきおろします

ランキングは前半4分の1ほどで、
路線別、施設別、いろいろな
テーマがあります

厚み4センチ 500ページ
豊富なカラー写真と地図で
お散歩本、観光本としても楽しめる1冊です


(!)元サイトよりやや抑えられているかんじはしますが、
口は悪いです
褒められる街はほぼありません
(こっちがまし、位が関の山)
悪口耐性のない方にはお勧めできません


私のパソコンがぼろいのか、
ちょっとホームページが重いもので、
隅々まで読んだわけではないですが、
ファンです

書籍化してくれて本当にありがとう!!と
声を大にしてもうしあげます

なんなら保存用にもう1冊ほしいくらいです

京阪神版を心よりお待ち申しあげております
(私は関西生まれなのです)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「東京DEEP案内」が選ぶ首都圏住みたくない街 [ 逢阪まさよし ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2017/10/1時点)






結局、この世はすべて住むに
値しないのかもしれない
にほんブログ村 OL日記ブログ 地味なOLへ
にほんブログ村

ましてやぼっちではしかたない
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりぼっち日記へ
にほんブログ村

サブカルチャー色強し
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
にほんブログ村

厭世ネタはこちらにも
ついったー
新書以外を読む CM(0) TB(-)
| HOME | Old Entries≫
xxSEARCHxx
プロフィール

とよ

Author:とよ
30代一人暮らしです
OLとは世を忍ぶ仮の姿
過激インドア派です
質素で地味です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Copyright © 地味OL新書を読む All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog